住宅診断で年に一度はお家をチェック!

家の健康診断はじめませんか?

いま話題の「住宅診断」とは

このサイトでは、住宅診断の基本情報や、サービス提供会社の比較と選び方のコツ、また検査・メンテナンスのポイントなどをまとめています。

住宅診断とは、人間でいうところの「健康診断」のようなもの。その家の「どこが悪いのか」「いつ修繕が必要になるのか」ということをプロの診断士がジャッジし、修繕が必要であれば手遅れになる前に早期完治しようというサービスです。

このほかにも、住宅診断を利用するメリットはたくさんあります。本サイトでまとめましたので、ご一読いただけますと幸いです。

住宅診断会社には2種類ある

住宅診断サービスを提供している会社は、以下の2種類に分けられます。

  1. 定期的に点検をしてくれる「定期診断の会社」
  2. 1回だけ利用するための「スポット診断の会社」

どちらが良いかはあなたの目的次第。今住んでいる家を長持ちさせるためには、プロの目による定期メンテナンスは欠かせませんし、長い目でみれば定期診断のほうが費用が安いというメリットもあります。

このサイトでは、最近増えてきた住宅診断会社を、この2つのカテゴリにわけて比較しています。会社選びの参考にぜひご利用ください!

定期的な検査でオススメの会社

日本戸建管理(家ドック)HPキャプチャ

日本戸建管理(家ドック)

1回の点検に
必要な費用
12,000円(税別)
※月会費制(1,000円/月)
点検スパン
1年に1回
対応エリア
北海道(札幌近郊)、関東、東海、近畿、山陽、九州の一部地域
対応できる
住宅の種類
戸建てであれば、
築年数問わず対応可能

検査の特徴

  • 住宅の維持管理に関するさまざまなサポートサービスを提供する会社で、住宅診断を得意としている。
  • 利用料(会費)は、月額1,000円のみ。他に検査料など支払うことなく、年に1度プロの診断士が住宅診断してくれる。
  • 診断に対応するのは、全国で加盟している優良工務店。日本戸建管理の厳しい審査基準をクリアした会社ばかり。
  • 国土交通省が策定した「住宅診断ガイドライン」に準拠した点検を実施。点検項目数は200を超える。
  • 診断結果は「定期点検報告書」「修繕計画書」「修繕履歴書」にまとめられ、リフォームや売却時にも役立つ内容となっている。

スポット診断でオススメの会社

さくら事務所HPキャプチャ

さくら事務所

1回の点検に
必要な費用
1回あたり55,000円(税別)~
※屋根裏や床下の検査は別途費用
点検スパン
都度依頼が必要
対応エリア
全国
対応できる
住宅の種類
購入もしくは売却前の住宅
※戸建・マンション共に対応可能

検査の特徴

  • 一級建築士事務所にして、住宅診断に関して15年以上の歴史を誇り、年間2,000件以上の実績を誇る。
  • 中立公正な立場、第三者目線での診断が定評で、不動産取引に関するさまざまなアドバイスもしてくれる。
  • 診断に対応するのは、全国の提携会社で建築士資格を持つ診断士やコンサルタントが担当。
  • 売主(施工業者など)と万が一トラブルになったら、提携弁護士が対応するなど、住宅診断を安心して受けられる体制が整っている。
  • オプションで別途費用が必要だが、特殊機器を用いた検査も可能。

中古住宅購入のすすめ

ここ数年、一戸建住宅でも中古を購入する人が増えています。とりわけ、20~30代の若い世代に人気で、中古住宅を自分のライフスタイルにあわせてリフォームまたはリノベーションをして暮らすのがブームだそうです。

しかし、これは単なるブームではなく、国も中古住宅の流通を推し進めているのです。国が積極的に推進する理由とは?中古住宅の魅力に迫ります。

住宅メンテナンスのポイント

管理会社や大家さんが維持管理をしてくれるマンションとは違い、戸建て住宅は、自分自身が管理しなければいけません。では、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか?

維持管理の基本

およそ30~40年で建て替えられてしまう日本の住宅。でもメンテナンスをしっかりすれば、もっと長い間快適に暮らせるのです。

そのためには、例えば10年を目途に外壁を塗り替えたり、ひび割れのシーリングをしたりと、定期的なメンテナンスが必要ですが、自分だけで家の状況を判断するのは非常に困難。では、どうすれば良いのでしょうか。こちらで改善策を提案しています。

住宅を維持管理するための基本的なこととは?

メンテナンスの注意点

住宅、特に新築戸建の購入や注文住宅を建てる際、メーカーや施工会社の「保証」の項目に目を通す方は多いでしょう。

「1・3・5・10年目に無料点検・メンテナンスを実施」と書いてあれば、安心して頼んでしまいそうですが、家族が快適に暮らすスペースを確保してくれる「家」は、その場所によって劣化スピードが異なることはご存知ですか?どの部分がどのタイミングで点検するのが最適なのかをまとめています。

【部分別】点検すべきタイミングとは?

【特集】長期優良住宅に必須のメンテナンスとは?

近年、新しく建てられる住宅の中で、存在感を増してきた「長期優良住宅」。実は、取得したら永久に認定されるものではないことを知っていますか?定期的に適切な点検・メンテナンスを受けたことを、書面で報告する義務があり、また、その記録も保管しておかなければいけないのです。

では、認定を受け続けるために必要なメンテナンスや報告書類とはどのようなものなのでしょうか。こちらで解説しています。

長期優良住宅の認定を受け続けるためには?

【属性別】住宅診断の検査ポイント

築年数別に住宅診断で重点的に検査されるポイントを紹介します。

築2年以内の家

意外なことに古い家に住んでいる人よりも、新築住宅の購入前後の人の方が、住宅診断サービスを利用しています。多くの住宅診断会社が新築住宅のチェックで重視するポイントをまとめています。

新築住宅で重視される診断ポイントは?

築30年未満の家

築10~30年ほどの家に住んでいる方が住宅診断を依頼する理由は、大きく分けて二つ。一つは新築時から住んでいて瑕疵担保責任が終了するケース。もう一つは中古住宅を購入するケースです。

これらの住宅の場合、目で見える不具合はもちろんですが、表に現れない不具合予備軍も知っておきたいもの。どういったポイントを重点的に見てもらうべきか、解説しています。

中古住宅で重視される診断ポイントは?

築年数の古い家

数としてはそう多くないですが、築年数が30年以上経った家も住宅診断を受けられます。こちらも現在住んでいる方か、これから購入する予定の物件があと何年住めるのかを知りたい方が依頼するようです。重点的に見てもらうべきポイントをまとめました。

「住宅診断を受けないとこんなトラブルも…」という例も併せて紹介します。

築年数の古い家で重視される診断ポイントは?

このサイトは独自に集めた2016年5月時点の情報を基にしています。
住宅診断の費用や対応範囲は依頼前に必ず、ご自身で確認してしてください。

ページの先頭へ