ずっと住まう家だからこそ…頼んで安心の住宅診断 » お住まいの地域で住宅診断会社を選ぶポイント

お住まいの地域で住宅診断会社を選ぶポイント

値段、オプション、定期診断、診断内容など、住宅診断を依頼する会社を選ぶ基準は人によって様々です。どの基準を優先するかは人によって異なります。しかし多くの人が基準として忘れがちになるのが、「建物が建っている地域」です。

ここでは、各地域で住宅診断(ホームインスペクション)をおこなっている会社の紹介と、住宅診断会社を選ぶポイントについて説明しています。確認していきましょう。

お住まいの地域で住宅診断をしている会社を探してみよう

それぞれの地域の住宅環境と、地域別の住宅診断会社をご紹介します。お住まいの地域で住宅診断会社を選ぶ際に、参考にしてみてください。

東京で住宅診断を実施している会社

人口が多く、物件の売買件数も多い東京。そのぶん住宅診断(ホームインスペクション)は浸透しており、物件売買に住宅診断を活用することも珍しくありません。

「物件売買を目的とした住宅診断」と「リフォームやリノベーションを目的とした住宅診断」の、両方に対応できる優れた住宅診断会社も多い印象です。だからといってどこの会社を選んでも正解というわけではありません。

新しい住宅診断会社の中には、スタッフのスキルも育っておらず、不動産や工務店などの人脈がまだ作られていない会社もあります。住宅診断会社を選ぶときは、実績などをきちんと確認することをおすすめします。

大阪で住宅診断を実施している会社

大阪は過去に阪神大震災に被災したこともあり、自治体も民間会社を地震対策のリフォームなどに積極的です。住宅診断では、耐震診断を行うこともあります。それもあってか、大阪は住宅診断も積極的に取り組んでおり、住宅診断を行うNPO法人もあります。

地震に対する意識が高い地域なので、どの住宅診断会社も耐震診断はしっかりとおこなってくれるでしょう。

また意外と大阪は日照時間が長い地域でもあるので、断熱検査も行ってくれる会社をおすすめします。断熱性の高さも不動産売買のさいにポイントの一つになることがあります。

埼玉で住宅診断を実施している会社

東京に近い埼玉は、東京にある住宅診断会社がサービスのエリア内としていることが多いです。このため埼玉でサービスを提供している住宅診断会社も、経験豊富で優れている印象です。

雪も台風も少なく気候が安定している埼玉は、特別なオプション診断はあまり必要ありません。強いてあげるのであれば、雹が降るので、根の点検も入念に行ってくれる住宅診断会社がおすすめです。

またもともと日本の気候そのものが建物にとって過酷です。湿気・耐震の診断をしっかりと行ってくれる会社を選びましょう。

お住まいの地域の特徴を踏まえて住宅診断会社を選ぼう

建物が建っている地域は、住宅診断を依頼する会社を選ぶうえで、大切なポイントです。どうして大切になるのか詳しくご説明します。

地域ごとの気候が違うと住宅の劣化箇所が変わる?

国が縦長に長い日本は、様々な気候が味わえる国です。北の冬では多くの雪が降り、南の夏では台風が襲ってきます。

気候が変われば、当然ながら建物の劣化や故障しやすい箇所が変わります。地震が多い地域ならば耐震診断を綿密に行ってくれるところがよいですし、雹が多い地域ならば屋根点検に力を入れてくれる地域のほうがよいです。住宅診断はその土地の気候にあった診断を行ってくれる会社を選びましょう。

都市部か非都市部かでサポートに違いがある?

多くの人が依頼する住宅診断の目的は主に3つです。

  • 住んでいる住宅の修理が必要な部分を確認するため
  • 物件売買のトラブルを未然に防ぐために、物件に問題がないことの証明もかねて
  • リフォームやリノベーションの資金計画を立てるため

どんな目的があるにせよ、基本的には国交省が発表している住宅診断(ホームインスペクション)のガイドラインに則っているため、どの地域や会社でも、診断の内容はあまり変わりません。ただし都市部か非都市部かで、住宅診断のサポート内容に違いがある場合もあります。

都市部は中古物件の売買も活発ですから、前述した“物件売買のトラブルを未然に防ぐために、物件に問題がないことの証明もかねて“を目的とした住宅診断が多いです。不動産屋とのトラブルも見越して、弁護士対応も可能な住宅診断会社もあります。

逆に土地が安く、住宅は新築を建設することが多い非都市部は、“住んでいる住宅の修理が必要な部分を確認するため”“リフォームやリノベーションの資金計画を立てるため”を目的とした住宅診断が多いでしょう。中には工務店を仲介してくれる住宅診断会社もあります。

非都市部の“住んでいる住宅の修理が必要な部分を確認するため”を目的とした住宅診断が得意な会社は、不動産売買のサポートはあまり得意ではないでしょう。逆に都市部の“物件売買のトラブルを未然に防ぐために、物件に問題がないことの証明もかねて”を目的とした住宅診断が得意な会社は、リフォームにおすすめの地元の工務店への仲介などが苦手か、もしくは工務店などが住宅診断事業を兼ねる形で執り行っているケースが多いでしょう。

また、いずれも目的の違いから、基本的な検査項目は国交省のガイドラインに沿っていながらもオプションの検査項目を設けたり、オプションの検査項目を基点に修繕提案をしてくれる事業会社も存在します。このあたりは、地域の傾向性もあるようです。

地域の住宅診断会社が得意とすることと、自分のニーズが合わない場合は、思い切って他の地域の住宅診断会社へ依頼することも有りでしょう。

その地域の物件の売買が活発かで診断のスキルが分かる?

当然ながら、たくさん実績のある会社のほうが、経験豊富で住宅診断に慣れているといえます。

住宅診断会社の形式は様々です。NPO法人が暮らしやすい住宅を実現するために行っているところもあれば、専門の会社が優れたサービスを提供しているところもあります。自身の会社を知ってもらうために、工務店がサービスの一環として行っているところもあります。

住宅診断を専門としている会社であればサービスの質が高いことが分かりますが、問題は住宅診断をサービスの1つとして提供している会社です。住宅建築やリフォームなどがメインの会社は、どれだけ住宅診断に慣れているのか判断しづらいです。

その会社がどれだけ実績があるのかどうかは、サービスを提供している地域の物件売買の活発さを知れば見えてきます。

物件売買が活発であれば、住宅診断会社にもたくさんの依頼がきていることが想像できます。あまり活発でない場合は、経験豊富な住宅診断会社も少ないです。

ただし地域によっては物件売買が活発なのに住宅診断があまり行われていないという地域もあります。どれだけ「住宅診断」という言葉が浸透しているかも、判断基準の目安とするとよいでしょう。

売買があまり活発でない地域の物件の調査を依頼する場合、物件売買が活発な地域がサービス提供エリアに含まれている会社を選ぶか、もしくは全国にサービスを提供している会社を選ぶとよいでしょう。

住宅診断(ホームインスペクション)会社は地域を調べたうえで選ぼう

住宅診断会社選びで、地域を調査することが大切なポイントであることは伝わったかと思います。

地域ごとの確認をする際は、対象範囲はできるだけ小さくした方が良いでしょう。例えば東京でも、内陸側と海側では気候が変わります。縦に長く山も多い日本は、場所ごとの気候がかなり違います。あまり大きな範囲を調べずに、調べたい物件周囲の気候を調べたほうが効率がよいです。

また住宅診断会社がどのような地域にどういった内容のサービスを提供しているかも注目したほうがよいでしょう。対象としている物件次第で、住宅診断会社がどのような診断を得意としているか見えてきます。

自分のニーズと情報をうまく組み合わせて、目的にぴったりの住宅診断会社を見つけましょう。

ページの先頭へ