HOME » 【属性別】住宅診断の検査ポイント » 築2年以内の家

築2年以内の家

新築住宅における住宅診断の検査ポイントをまとめました。

利用者の多くが新築住宅

住宅診断と聞くと、築年数の古い家が利用するものだと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、実際に利用されている方の半数近くが「新築住宅」なのです。

これから購入する家が、欠陥のない家かどうかを第三者機関にチェックしてもらい、納得したうえで契約をしたいというニーズが多いといえます。

住宅診断会社では、契約する前の家を診断し、問題があれば買主にはもちろん、売主(不動産会社やハウスメーカーなど)にも不具合の点を指摘し、売主負担で修繕したうえで買主に引き渡すということまで対応してくれるところもあります。

また、注文住宅などはハウスメーカーと契約するときにはまだ建築中というケースもありますが、建築中に診断もできるのです。例えば、建築中に行う住宅検査の際に利用すれば、建物の構造や基礎など「完成してからでは見えなくなってしまう部分」までチェックすることが可能。

ですので、実際に利用される方も多いようです。

具体的なチェック内容は?

新築住宅でも、それを施工した業者の腕によっては不具合や欠陥につながるケースも実際にはよくある話です。住宅診断の具体的なチェック項目は、以下の点がポイントなるようです。

  • 基礎部分や外壁の「ひび割れ」「仕上げ材の剥離や浮き」
  • 屋根の「著しい割れや欠損」
  • 軒裏の欠損や「換気口の状態」
  • 室内の「床鳴り」「床の沈み」「傾き」
  • 室内の壁や天井の「仕上材の割れや剥がれ」
  • 扉やサッシの「動作」や「がたつき」
  • 階段や廊下などの「フローリング材の欠損」
  • 給水・給湯管の「水漏れ」「金具の固定状況」
  • 屋根裏の「木部のひび割れ・欠損・剥がれ」
  • 屋根裏や床下の「金物の設置位置や固定状況」…など。

住宅診断を行わないとこんなトラブルも!

新築住宅の場合、不動産会社やハウスメーカーが無料で定期診断を行ってくれるサービスを実施しています。しかし、なかには「定期診断をしてくれる会社の人と相性がよくない」「不具合が生じた際の対応がいい加減だった」という悩みを抱えている方も実に多いようです。さらには「会社がつぶれてしまった…」というケースも。

こうしたトラブルにならないためにも、第三者機関である住宅診断に一度ご相談してみることをお勧めします。将来、リフォームする際にも有効ですよ。

ページの先頭へ