HOME » 【属性別】住宅診断の検査ポイント » 築年数の古い家

築年数の古い家

築後30年以上の築年数の古い家における住宅診断の検査ポイントをまとめました。

万一の事態やリフォームを視野に住宅診断

築年数の古い家の場合、家の健康状態を知るきっかけとして住宅診断を利用されるケースが多いようです。瑕疵担保の期間も過ぎ定期検査も長年行っていないため、万一のことがあったらどうしようと不安を抱いている方にとっても、住宅診断が安心の材料となります。

また、中古住宅として築年数の古い家を購入される方も、あと何年くらい住める家なのか、リフォームが可能な家なのかということを知るために利用する場合もあります。

具体的なチェック内容は?

築年数が古い家の場合、目に見える範囲はもちろん、目に見えない床下や天井裏の状態もしっかり確認しておきたいところです。床下や天井裏において、住宅診断で確認するポイントとしては、以下の点が挙げられます。

  • 基礎部分の「ひび割れ」「原因不明の水漏れ」
  • 土台部分の「シロアリ被害」
  • 給水・給湯管の「水漏れ」「金具のサビや固定状況」「その他の損傷」
  • 屋根裏の「木部のひび割れ・欠損・剥がれ」「水漏れ痕跡」「シミ」
  • 屋根裏や床下の「金物の設置位置や固定状況」「異常な湿気」

また、目に見える部分においても、果たして大丈夫だろうかと不安になっている点を確認する意味で、住宅診断を利用するのもよいでしょう。

以下のような点が気になる方は、ぜひ住宅診断の診断士に相談してみましょう。

  • 基礎部分や外壁の「ひび割れ」「仕上げ材の剥離や浮き」
  • ジャンカ(セメントと砂利が分離するなどして強度が下がる現象)
  • 屋根の「著しい割れや欠損」
  • 軒裏の「水漏れの痕跡」
  • 室内の「床鳴り」「床の沈み」「傾き」「凹み」
  • 室内の壁や天井の「仕上材の割れや剥がれ」
  • 扉やサッシの「動作」「がたつき」「開閉時の音」

住宅診断を行わないとこんなトラブルも!

築年数が古い家に仮に欠陥がみつかり修繕を行うとなれば、費用が相当かかることも考えられます。構造躯体の状況によっては、リフォームやリノベーションをすることも難しく建て替えを検討しなければならないこともあるでしょう。さらに、築年数が古い家は震災などの災害に弱くなっていることも、懸念すべき課題となっています。

自らの命を守るためにも、またリフォームか建て替えかの判断材料として、住宅診断を利用するのも一手です。家に対しての不安を専門家に相談することで、何かあったときに「家のかかりつけ医」がいることは、安心につながると思います。

ページの先頭へ