ずっと住まう家だからこそ…頼んで安心の住宅診断 » ホームインスペクション会社ピックアップ

ホームインスペクション会社ピックアップ

住宅診断(ホームインスペクション)のサービスを提供する住宅診断専門の会社や維持管理会社をピックアップして紹介。

各社の診断内容や費用、利用者の口コミ評判などを集めて紹介しています。

おすすめホームインスペクション会社一覧

ホームインスペクションを実施する会社には、定期的に診断してくれる会社もあれば、1回だけのスポット的に診断している会社もあります。

ここで紹介するのは、「1回だけのスポット的に診断している会社」の一覧です。

まずは、おすすめ会社をピックアップしました。会社選びの参考にしていただけますと幸いです。

さくら事務所HPキャプチャ

さくら事務所

1回の点検に
必要な費用
基本コース:55,000円(税抜)~
(屋根裏や床下はオプション)
対応エリア
日本全国

検査の特徴

  • ホームインスペクションのパイオニアであり、住宅診断実績は年間2,000件、これまでに34,000件以上の建物を診断。
  • 全国に50名以上の診断士が在籍。診断士として従事しているのは建築士やコンサルタントだけ。
  • 動産会社や施工店などとのトラブル時には、提携の弁護士が対応。安心して診断が受けられる体制を整えている。
リクシルホームサポーターHPキャプチャ

リクシルホームサポーター

1回の点検に
必要な費用
住宅診断ライトプラン:80,000円(税別)
※居室の床や天井は範囲外
対応エリア
全国(一部地域を除く)

検査の特徴

  • リクシル(LIXIL)のグループ会社で、住まいに関する多様なサポートサービスを提供している。
  • 実際にホームインスペクションを行うのは、提携会社の「ジャパンホームシールド株式会社」(外部委託)。
  • 提携会社の実績は10万棟以上。一級建築士などの有資格者が、170項目もの事細かな診断を実施。
南勝HPキャプチャ

南勝

1回の点検に
必要な費用
基本コース:50,000円(税別)
(屋根裏や床下はオプション)
対応エリア
関東・東海・近畿・九州
(一部地域を除く)

検査の特徴

  • 2011年創業ながら、関東から九州まで幅広く対応している。
  • 新築・中古を問わず、住宅の内覧会で建築士が診断を行う。
  • 既存住宅の売買瑕疵保険に関する検査にも対応可能。
アイジーコンサルティングHPキャプチャ

アイジーコンサルティング

1回の点検に
必要な費用
標準料金:80,000円
(屋根裏と床下調査も含む)
対応エリア
東京都(城南エリアおよび町田市のみ) 神奈川県・静岡県 岐阜県(一部地域のみ)・愛知県

検査の特徴

  • もとはシロアリの防除会社あり、明治32年(1899年)創業。
  • 教育・研修を受けた自社社員、一級建築士、一級建築施工管理士、特定化学物質作業員など有資格者が調査。
  • 耐震診断も行っており、住宅診断とあわせて利用可能。
アネストHPキャプチャ

アネスト

1回の点検に
必要な費用
基本コース:60,000円
屋根裏オプション:25,000円
床下オプション:30,000円
対応エリア
全国(一部地域を除く)

検査の特徴

  • 全国各地に支社があり、年間1,500件以上の実績。
  • 事例などのデータを全国の支社と情報共有しているので、診断士のレベルもサービスも高品質。
  • 報告書は30~40ページあり、内容が充実している。
ハウスオンHPキャプチャ

ハウスオン

1回の点検に
必要な費用
基本コース:81,600円
(ハウスオンの仲介する物件なら無料の場合もあり)
対応エリア
東京・神奈川・埼玉・千葉

検査の特徴

  • 住宅診断を専業とする一級建築士事務所に所属していた専門家が在籍。
  • これまで一人で300棟以上を診断。
  • 自社が仲介する物件を購入すると、住宅診断無料。
アドキャストHPキャプチャ

アドキャスト

1回の点検に
必要な費用
100,000円
対応エリア
東京都内

検査の特徴

  • 数年住宅診断サービスを含む「物件調査業務」に注力。
  • 自社とは利害のない外部業者に住宅診断を委託。
  • 「住宅購入サポートパック」入会で割引適用。
住まいのホームドクターHPキャプチャ

住まいのホームドクター

1回の点検に
必要な費用
新築一戸建て住宅
(建築途中):60,000円
中古一戸建て住宅 建物検査
(簡易調査コース):60,000円
中古一戸建て住宅 建物検査
(詳細調査コース):120,000円
対応エリア
東京都・神奈川県・千葉県
埼玉県・茨城県の一部

検査の特徴

  • 不動産取引に関するさまざまな専門家が集まったコンサルティング会社。
  • 一級建築士や一級建築施工管理士などの資格を持つベテランが診断。
  • 素人にもわかりやすく丁寧な独自の報告書が好評。
タグチホームHPキャプチャ

タグチホーム

1回の点検に
必要な費用
要問い合わせ
対応エリア
岐阜県南部(各務原市・関市・美濃市など) 愛知県北部(一宮市・江南市・犬山市など)

検査の特徴

  • 「損をしない家づくり」をコンセプトにしている注文住宅の施工をメインにした工務店。
  • 高レベルな検査機器と、100項目を超える独自のチェックリストを活用。
  • 一級建築士事務所「さくら事務所」公認の住宅診断士。
長野住宅診断HPキャプチャ

長野住宅診断

1回の点検に
必要な費用
要問い合わせ
対応エリア
長野県、新潟県(一部)
群馬県(一部)

検査の特徴

  • 住宅診断を中心に、設計、監理、住宅建築に関するさまざまなサポートを提供。
  • 一級建築士の親子が、長野県を中心に懇切丁寧な住宅診断サービスを提供。
  • 診断は図面をもとにして目視と調査機器を用いて実施。
マルホデザインHPキャプチャ

マルホデザイン

1回の点検に
必要な費用
55,000円
120,000円
250,000円
対応エリア
岐阜県(一部)
愛知県(一部)

検査の特徴

  • 戸建住宅や店舗のリフォーム・リノベーションが得意分野で実績豊富。
  • 一級建築士で、住宅医や宅地建物取引士の資格を持ったプロが担当。
  • 要望によっては、リフォームやリノベーションの設計も行っており、一貫したサービスが好評。
リムアークHPキャプチャ

リムアーク

1回の点検に
必要な費用
標準検査65,000円~
(屋根裏などはオプション)
対応エリア
首都圏エリア
(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部)

検査の特徴

  • 損害保険や生命保険などの保険業務を扱う「リム・コーポレート・グループ」所属。
  • 保険業界で培った建物調査のノウハウやグループ力で、最適な保険も案内可能。
  • 実績は戸建住宅、マンション、オフィスビル、商業施設など多岐に渡っている。

スポット的な住宅診断会社は多様な業態がある

1回だけのスポット的にホームインスペクション(住宅診断)を提供している会社には、多様な業態があることが特徴です。

例えば、一級建築士事務所が対応してくれるところもあれば、不動産会社やハウスメーカーが業務の一環として対応しているところもあります。また、ホームインスペクションを専門に扱う会社には、不動産コンサルタント会社もあります。

自社に診断士を多く抱えている会社もあれば、実際の診断は外部の建築士や住宅診断士などパートナーに委託しているという形態をとっている会社もあります。

第三者目線で中立公正な立場の会社を選ぶ

ここ数年、ホームインスペクションを提供する会社は増えており、そのなかから信頼できる会社を選ぶのに迷われる方も多いかもしれません。ただ、ホームインスペクションで重要なのは、「第三者目線」で「中立公平な立場」をとっている会社に依頼すること。

例えば、不動産会社やハウスメーカーの場合、診断後に修繕が必要となった際、自社の利益に有利な形で報告されてしまうおそれがあります。すなわち、「第三者目線」で「中立公平な立場」から診断されない可能性もあるのです。

ホームインスペクションは、あくまで診断を依頼する側の立場で実施しなければ、まったく意味がないともいえます。施工会社と利害関係のない会社を選ぶことが、真の意味で安心を手に入れられるのです。

スポットのホームインスペクション活用シーン

ホームインスペクションをスポット的に行う方は、どんなときに活用されるのでしょうか。主な活用シーンとしては以下のようなものが挙げられます。

  • 新築・中古住宅を購入する際の判断材料として活用
  • リフォーム・リノベーションを行う前に、修繕個所を確認するために活用
  • 築年数の古い家で、定期診断をしばらく行っていなかった家
  • 売却を検討されている方で、売却後のトラブルを未然に防ぐために活用

また、一般の方以外にも、不動産業者が利用することもあります。契約・引き渡し後に顧客とのトラブルになることを未然に防ぎたい思い、利用されるケースも多くなっているようです。

その場しのぎではなく定期的に診断することが重要

このように、ホームインスペクションの活用シーンは住宅を買う前だけでなく、住宅を買ってからも必要になります。せっかく手に入れた理想の住まいで、いつまでも安心して長く暮らすためには、定期的なメンテナンスは不可欠です。

定期メンテナンスは、設備や建材、立地環境などによっても変わってきますが、一般的には5年ごとに行うのがベストといわれています。もちろん、スポット診断をその都度行うこともできますが、長い目で見ると経費も高くなりがちですし、次の診断時期を忘れて放置してしまうリスクもあります。

そこで、定期的にホームインスペクションを行ってくれる会社を利用されるケースも多くなっています。会社が次のホームインスペクションの時期を管理しているため、点検時期を忘れることもありません。また、経費もスポットと比べると一般的に割安になります。

「その場しのぎ」ではなく、長い目で診断してくれる会社を選ぶことも検討してみてはいかがでしょうか。

>定期的に住宅診断を行う会社はこちら

ページの先頭へ