ずっと住まう家だからこそ…頼んで安心の住宅診断 » 一戸建ての新常識・住宅診断とは? » あなたもやってみては?住宅診断の必要性について

あなたもやってみては?住宅診断の必要性について

住宅診断ってやらなければならないの?と疑問を持っている人のために、住宅診断の大きな利点や必要性について説明します。

今や必須!住宅診断の必要性について

住宅は購入金額が大きな商品なので、間違った選択をしたくないと誰もが思うはず。しかし、家を買うときは住宅メーカーや不動産会社などの営業トークに乗せられて、本当に大丈夫なのかと不安に感じることもあるでしょう。そこで参考になるのが住宅診断。住宅診断に興味がある人の中には、「やった方がいいのかもしれないけれど費用もかかるし…」と思っている人もいることでしょう。

このページでは、住宅診断のメリットを説明します。住宅診断のメリットがわかれば、必要性も理解できるのではないでしょうか。

売主に対して買主の立場を有利にできる

投資家などの例外を除いて、家に関する情報は圧倒的に売り手の方が持っています。買い手である一般消費者はどうしても情報弱者という立場に立たされます。住宅診断を利用すれば、第三者の立場から対象物件を評価してもらうことができるので、問題点があれば適切な購入判断をすることができるでしょう。

住宅購入のリスクを減らし、売主に対して買主の立場を有利にする目的で住宅診断を利用する人も増えているのです。

物件購入判断の目安になる

住宅は目に見える部分だけでなく、構造など目に見えない部分もとても重要です。しかし、構造に関しては非常に専門性が高いので、住宅メーカーの営業担当者では把握していないこともたくさんあります。耐震性が不足した構造上欠陥のある住宅が、社会的な問題になったことを記憶している人もいるでしょう。

住宅は購入してしまうと簡単には後戻りできない商品なので、事前に多少の費用を投じてでも住宅診断を受けてリスクを減らすのはとても合理的といえます。

リフォームするときの参考になる

住宅診断は、リフォームの際に利用されることも多くなっています。リフォームが必要な箇所を素人が判断するのは難しく、それに乗じて本来必要でない箇所のリフォームを勧めてくる悪質な業者もいます。また、素人ではリフォームの優先順位を適切に判断することも難しいのが現状です。

そこで住宅診断を利用すれば、リフォーム業者の提案している内容を適切に判断でき、限られた資金の中でリフォームの優先順位を決めるのにも役立ちます。

「10年保証」の期限が切れた後でも診断してくれる

新築で家を購入すると、ハウスメーカーや工務店からの保証は10年が一般的です。10年の間であれば、点検や補修などを行ってくれますが、それ以降は自分で点検や補修を依頼する必要があります。

住宅診断なら別途費用はかかるものの、メーカーや工務店の保証が切れた後でも、点検サービスを受けることができます。その時に問題があっても手遅れにならないうちに対応が可能です。

売却前に瑕疵担保責任のリスクを軽減してくれる

住宅診断は、買主だけではなく売主が利用することもあります。個人間の住宅の売買は、一般的に3カ月間の瑕疵担保責任があり、3カ月の間に雨漏りや漏水、住宅の基礎などに欠陥が見つかれば、引き渡しをした後でも、売主の負担で補修を行わなければなりません。

事前に住宅診断を利用すれば、住宅の状態を正しく評価できるので、瑕疵担保責任のリスクを減らす効果が期待できます。

ハウスメーカーなどの売主が倒産しても、メンテナンスしてくれる

不動産業界は生き残り競争の激しい世界です。新築で購入した物件に10年の保証をつけていても、その10年の間にハウスメーカーが倒産してしまうこともあります。

住宅診断を利用すれば、売主が倒産してメンテナンスを引き受けるところがなくなっても、住宅の維持管理を適切に行うことが可能です。

ページの先頭へ