HOME » 住宅メンテナンスのポイント

住宅メンテナンスのポイント

戸建住宅に末長く住み続けるために、覚えておきたいメンテナンスのポイントをまとめています。

自分でメンテナンスを行う際の注意点とは

マンションや賃貸物件における建物の維持管理・メンテナンスは、不動産会社や管理組合、物件所有者等が指定する管理会社が行っています。しかし、一戸建て住宅の場合、維持管理・メンテナンスは自分で行わなければなりません。そして、いつまでも快適に、安心して暮らし続けるためには、メンテナンスを続けていくことがとても重要になります。

ハウスメーカーや工務店が定期点検してくれるとはいえ、それも永久に続くとは限りません。また、劣化や欠陥など修繕が必要な場所を見つけたら、早期に対応しなければ、修繕コストが膨らんでしまうリスクもあるのです。

とはいえ、初めてマイホームを手に入れた方にとって、どんなところをメンテナンスしていけばよいのか、わからない方も多いのではないでしょうか。そこで、一戸建て住宅におけるメンテナンスのポイントをまとめています。

以下のページに記載されているポイントを理解し、万一のことがあったら対処できるよう確認していただければ幸いです。

長期優良住宅のメンテナンスはココがポイント

最近、長期優良住宅の住まいに人気があるようです。耐久性が強く快適かつ安心して過ごせるうえ、税制面でも優遇される長期優良住宅は、国から認定を受ける必要があります。

しかし、その認定がいつまでも続くとは限らないことをご存じでしょうか?

長期優良住宅は、メンテナンスに関しても適切に行い、点検や修繕を行ったら報告書にまとめて保存し続けなければならないことが法律によって定められているのです。では、具体的にどのようなメンテナンスを行えばよいのか、また保存しなければならない書類とは何か。

長期優良住宅をこれから買おうと検討されている方にも、すでに住んでいる方にも、一読していただきたい情報をまとめました。

ページの先頭へ