ずっと住まう家だからこそ…頼んで安心の住宅診断 » 中古住宅購入のすすめ » 中古住宅のメリット

中古住宅のメリット

病院

欧米人の場合、中古住宅という選択肢はごく当たり前。むしろ、新築よりも一般的であり、約80%の人が中古住宅を購入しています。ところが、日本人には「新築住宅信仰」といってもいい考えが存在しており、むしろ中古住宅は嫌厭される傾向があり、新築と中古の割合は欧米とは逆転しています。

しかし、欧米人の多くが中古を好んで選んでいることからも分かるように、中古住宅には少なからずメリットがあるのです。ここでは、中古住宅のメリット、デメリットについて取り上げます。

中古住宅のメリット

新築よりも2割~5割安い

中古住宅を選ぶ最大のメリットはなんといっても価格です。

建物の築年数によってはほぼ土地の価格だけで購入が可能な場合があり、新築と比較してだいたい2割~5割安い価格で購入できます。もちろん、リフォーム、リノベーションが必要な場合はありますが、それでも新築よりは圧倒的に安いです。不動産業者を通さず、個人より購入する場合は、消費税がかからない場合も。

新築を購入する場合、頭金を貯めるために何年か家賃を払いながら貯金する必要があったり、本来住みたい場所とは違う場所で妥協しなくてはいけなかったりということも考えられます。しかし、中古住宅ならば必要な価格がかなり安くなりますので、早いうちに自分の希望の場所に一戸建てを持つことが可能です。

新築では見つけにくい立地も購入可能

新築物件の場合、充分な予算を用意していても、人気のある地域ですと思い通りの場所に住むのが難しいこともあります。特に現在既に住宅が密集しているような場所ですと新築限定で探すといつまでたっても見つからないこともあるでしょう。中古住宅ならば、日当たりが良く、商業施設も近く、周囲も静かという住宅にとって好条件の場所がぽんと空くこともあります。

広々とした設備の良い高級住宅も購入可能

新築の場合ですと、限りある予算のなか、土地を優先すれば建物を妥協することになり、建物を優先すれば土地がということになります。

しかし、中古住宅を選ぶ場合、建物の価値は年々下がりますので、建物自体広く、設備も良い高級住宅を思った通りの土地に購入できる場合があります。予算をかけて作られた建物は安価な建物に比べて、年数が経っていても外観も設備もしっかりしており、住みやすい場合も多々あるのです。欧米人は元々誰かが住んでいた中古住宅のほうがその良し悪しがよく分かり、信頼もできると考えています。

しかし、中古住宅の場合、間取りが自分たちに合わないということもありますが、家族も年数を経てその構成が変わりますので、その都度リノベーション、リフォームは必要であり、元がしっかりした住宅ならリノベーション、リノベーションにも十分耐えられるのです。

中古住宅のデメリット

中古住宅にしても、新築住宅にしても、購入時の最大の不安はどちらにしても、住宅の致命的な不備、瑕疵でしょう。新築住宅の場合、瑕疵保険の期間は少なくとも1年以上と長いですが、中古住宅の場合、3ヶ月と非常に短いです。

また、古い建物ですと、立地によっては耐震性の問題が大きいでしょう。最近では建物の耐震基準は引き上げられていますので、心配ないのですが、年数の立っている建物の場合、その点は不安があります。

やはりこうしたデメリットを考えれば建物の今の状態、これまでの履歴を十分知った上で購入することは必須といえるでしょう。転ばぬ先の杖として住宅診断、ホームインスペクションは中古住宅ではベスト。住宅診断をしておけば、その建物の本当の適正価格も分かりますし、リノベーション、リフォーム箇所も分かります。

ページの先頭へ