HOME » 一戸建ての新常識・住宅診断とは? » 瑕疵担保責任との違い

瑕疵担保責任との違い

「瑕疵担保責任がある期間(新築なら10年)であれば、住宅診断は必要ない」と思っている方も多いのではないでしょうか。

ここで、住宅診断と瑕疵担保責任とは、何が違うのかを説明します。

瑕疵担保責任とは

瑕疵担保責任とは、買主が住み始めてから判明したその家の欠陥や不具合に対し、売主に補修の請求や損害賠償をすることができる制度のことです。例えば、雨漏り、シロアリによる被害、その他構造や設備の不良などが対象となります。

なお有効期間は、新築の場合は引き渡しから10年、中古の場合は売主との交渉によって決められます(一般的には引き渡しから1~3ヶ月)。

瑕疵担保は、保険をかけるための「検査」

瑕疵担保をつけるには、「瑕疵担保責任保険の検査」が必要です。この検査では、保険適用期間中に瑕疵が生じる可能性がないか、瑕疵基準をクリアしているか否かを目視で確認していきます。

つまり、保険をかけるための「検査」であり、どこに不具合があるかを探してくれるものではありません。

住宅診断は、メンテナンス時期を見極める「診断」

一方、住宅診断は、住まいの現状を把握するための診断です。例えば、屋根の状況から雨漏りの可能性があるか否か、修繕が早急に必要なのか、あるいはいつくらいになると予想されるのか、といったことを診断。

その家に長く住み続けるためには、どのようなメンテナンスが必要なのかをアドバイスしてくれるものです。

「瑕疵担保保険があるから安心」とは言えない

瑕疵担保は、万が一建物に欠陥があった場合のことを考えて、備えとしては必要です。しかし、瑕疵担保責任があっても、建物は経年劣化していきますので、定期的なメンテナンスや点検は必要。保険があるから家は安心、とは必ずしも言えないのです。

特に、中古住宅は保険適用期間が短く、家の健康状態を正しく把握できないまま住み続けることになり、不安を感じている方も多いでしょう。

「この先、何年くらい家が健康なまま保てるのか」「補修やリフォームが必要になるのは、いつごろなのか」といった、将来についてアドバイスをしてくれ、そのアドバイスに応じて資金計画を立てていく。

それが、住宅診断を利用する大きなメリットなのです。

ページの先頭へ